2012年7月2日月曜日

保護者面談をしました

29日・30日と2日間の指導を休みにし、面談日として設定していました。
面談といっても、受験直前というわけでもないので、普段の生徒さんの様子の報告であるとか、定期試験の結果から次に向けての話であるとか、進路についての情報提供であるとか、まぁ比較的ユルめのお話です。

シグマゼミの場合、生徒さんの現状に合わせて課題の設定をしているので、どうしても生徒さん毎に「今すべきこと」が違ってきます。
なので、ある程度の期間毎に「目標はセンター試験で7割取ることですが、今はまだ基本的な英語の長文が読めていない状況なので、まずは短文の構造の解析をしっかりできるように練習してもらっています。」というように、目標の確認と現状の分析から当面の課題を本人を前に確認し、実際の指導内容について了解を得ているという感じです

「そこまで細かく話さなくても、お任せしますので」と言われることもまぁあるんですが、でも自分的には必要なことだと思っていまして。

この塾業という商売、実際に代金を支払うのは親御さんなんですが、でもそのサービスを当の親御さんに対して直接提供するわけでもなく、そして生徒を通じても内容がなかなか伝わらないという、あまり他にはない形態のサービス業だと思うんですよね。

一斉指導の塾であれば、どの生徒にも一律の指導を施し、一律の課題を提示しているので、「まぁちゃんと通ってくれていて、宿題きちんとやっているし、成績も維持できているから」というような安心感があると思うのですが、うちはその辺の安心感の材料が少ないもので。
宿題も大して出さないので、ご家庭の様子からすれば心配になることも多々あるようですしね。
そんなわけで、忙しい中塾までご足労いただいて、あれやこれやと1時間ほど話をさせてもらっています。

このブログのまんま、歯に衣着せぬ物言いをするので、場合によっては不興を買うこともあるわけですが、それでも、それなりの金額を頂いている以上は、ちゃんと指導内容に納得していただいてから代金をいただければ、と思っています。


~~~~~~

夏休みの予定はもうお決まりですか?
ただいま夏休み中の受講生を数名ですが募集中です。
集中講座については近日中にこちらでご案内する予定ですが、人数などの都合もありますのでお早めに792-0490もしくはsigmaseminar@gmail.com までご相談ください。

記事の感想を教えていただけると嬉しいです
次の投稿 前の投稿 ホーム

0 コメント :

コメントを投稿

記事の検索ができます