2011年7月27日水曜日

夏休み特別期間1日目

夏休み期間中は、通常と違って集団授業と個別指導とを併用して進めています。

来てくれている中学3年生は、朝10時から12時半まで内容量1.5倍(当社比?)の濃い集中講座を受けています。
集中講座自体は1日2コマなので、本来はそこで帰ってもぜんぜん問題ないのですが、何故かみなさん15時まで全員が個別で頑張り、さらに1人はぶっ通しで18時まで、2人は18時から戻ってきて20時半前まで頑張るという、こちらが見ていて「大丈夫か??」と心配するような動きをしていました。

学習において大事なのは、集中的に一気に何かをこなすことではなく、少しずつ積み重ねていくことだと思っています。
なので、途中で疲れてしまって続けられないハイペースよりは、スローペースでも夏休み中をしっかりと続けることの方がいいと思うんですよね。
もちろん、昨日のペースがずっと続けられればそれはそれでスゴイことなのですが、見てるこっちは「いや、そこまでやらんくても・・・」という気もしているわけです。
もちろん、本人達が納得いくまでとことん付き合いますが。

というわけで、特に強制しなくても勉強している彼らを見るのは非常に頼もしく楽しいのですが、その反面非常に心配になる1日目でした。


~~~~~~
最後まで読んでいただきありがとうございます。
せっかくですので簡単なコメントやソーシャルネットでの共有など、何らかのレスポンスをいただけると非常に嬉しく思います。

2011年7月26日火曜日

長い夏休みに向けて

小学・中学・高校とも、あとひと月程で長い夏休みに入ります。
長い休みを効果的に使っていただくために、シグマゼミでも夏期講習をご用意いたしました。

なんとなく、出来ている?」を「ちゃんとわかって次に繋げられる!」に変えるための大切な時期です。
他塾のような派手な売り文句もありませんし、これ以上価格を下げることもできませんが、信頼し、お任せいただいた分は必ず成果につなげられると思います。
ぜひ、案内に目を通し、ご検討頂ければと思います。

よろしくお願いいたします。

2011年7月21日木曜日

提出物を課すということ

学校では、主に授業内容の定着や整理を目的に、計算練習や漢字の書き取りなど、いろいろな課題を出します。
教育大学の教育学の授業でも聞いた話ですが<教育活動には必ず評価がついてまわるもの>でして、課された課題は授業中に消化するなり、宿題として持ち帰るなり様々ですが、まぁやりっぱなしということはほとんど無く、大抵は先生に提出し、点検印などが押されて返却されてくるわけです。

で、うちの娘の担任の先生も、漢字の書き取りをさせて集めてから返却したっぽいのですが、よく見てみると、これがヒドイ。
娘の字の雑さも(私に似て)ヒドイのですが、書いてる中に明らかに嘘の字がいくつかあっても、平気で花マルがついています。
「都」という字の左側が「考」になっていたり、「曜」の字のつくりがなにやら正体不明な字になっていても、お構いなしにでかでかと花マル。
別に、「土土土土土士土土土土 "士"はどこでしょー?」っていうような間違い探しをしているわけでもなく、私が上からさぁ~っと見ていっただけでも明らかに違和感がある字を書いているのに、チェックひとつ付けずに花マルってのは、見もしないでめくら判で済ませていることがありありと分かってしまいます。

そういえば、プリントの中に漢字の用例を書く欄もあったんですが、「丁」の字の用例を2例出せというのがありました。
なにせ小学3年生なので、そんなにあれこれ言葉を知っているはずもありません。
というか、私自身がパッと思いつくのも「大通1"丁"目」とか「"丁"度」「"丁"々発止」くらいなものかな。。。あとは、、、「豆腐1"丁"」??
で、娘が書いたものといえば「馬丁」「園丁」・・・・・・「馬丁」はまぁ言葉として知ってますが、、、「園丁」? (汗
なにこれ、「園長」のまちがい?こんな言葉知らねーわ。言葉として存在するの??  とか思ったんですが、調べてみるとあるんですね。
   【えんてい:庭園や公園の手入れをする人。庭師。】
・・・知らねーわ、そんな言葉。。。(えっ?オイラが無知なだけ??)

おそらく漢字辞典を引いて、なんとなく目についたものを書いたんだとは思うんですが、仮にも大人が聞いたこともないような単語を用例として書くのって、教育的意味あるんでしょうかね?
テーブルに置かれていたプリントには、さっきの漢字の間違いを直しておいたのに加えて、「自分の知ってる単語を探せ」と赤字で書き足しておいたんですけども。


いや、生徒全員分のプリントをチェックするってのはものすごく手間がかかるんですよ。実際。
その事自体は自分も教員やってましたからよくわかります。
でも、課題を課してそれを提出させたということは、同時に教員の側には「それをきちんとチェックする」という義務も発生してると思うんですよね。
取り組みに対して何らかのレスポンスがあるべきで、ダメならダメでちゃんと指摘し修正させ、イイならイイできちんと評価する。
全員分にコメントを付けて返すことは無理だとしても、せめて明らかに間違ってるところくらいは指摘すべきです。
でなければ、次からは「テキトーにやっても見とがめられない」ということになり、課題はただの作業、ただの労苦になってしまい、教育的価値は失われます。

いろいろなことを吸収する時期の子供たちを相手にしている先生には、宿題や課題の出し方とその評価の仕方ってのも、よくよく考えて欲しいと思うのです。


前に定期試験のところでも書きましたが、子供がどんなことを学校でしているのか、プリントや試験などをちょっと見てみるだけでも「あれ?」って思うこと、いろいろ出てくるものですよ。

~~~~~~
最後まで読んでいただきありがとうございます。
せっかくですので簡単なコメントやソーシャルネットでの共有など、何らかのレスポンスをいただけると非常に嬉しく思います。

2011年7月14日木曜日

夏期集中講座 『平面図形・空間図形』

ここのところ、合間を見てはひたすらテキスト編集の毎日です。
今日は中学2・3年生対象の集中講座『平面図形・空間図形』を紹介します。

この範囲は中学1年生の学年末に扱われるところで、『作図問題』『空間図形の表面積・体積の計算』が主なテーマになります。

『作図問題』は、大抵の場合は出題が非常にワンパターンで、容易に得点源にできるところです
しかし中学生には「"垂直二等分線"と"角の二等分線"、"垂線"の"描き方"はちゃんと覚えているのに、作図問題はできない、難しい」という印象が強いようです。
では私と中学生との認識のギャップはどこで生まれるかというと、<作図問題の出題意図をきちんと理解しているか>ということと<描き方しか覚えていないか>という点に有ります。
『作図問題』とは「与えられた条件を読みといて、それに合う図形を見つけ出すことができるか」という問題です。「言われたとおりに図を描く問題」ではないんですね。
つまり、描き始める前に問題の意味を読み取り、解釈をしなくてはならないんですが、「図形の持つ意味」をきちんと理解し考えながら作図するという経験は大半の中学生にはありません。
そこで「何を描けばいいのかが分からない」ということになるわけですね。
『方程式の立式』でも似たようなことを書きました。つまり、私が生徒に強く言い続けている要点なんてものは、どの分野でもほとんど共通していて、そしてそこが生徒たちにとって最も出来ていない部分だということになります。)

というわけで、作図問題の出題を入試レベルでざっと見直し、「一見バリエーション豊かに見えてもいかにワンパターンな問題ばかりか」というのを見ていただこうと思っています。


そして後半のメインは『空間図形の計量』です。
『空間図形』の問題は、中学の最後に学ぶ『三平方の定理』と併せて、公立入試では非常に厄介な出題が多くされてきています。
まず、基本となる見取り図や展開図の扱いと体積・表面積の計算を中1の2月頃に学ぶわけですが、それに十分に慣れる時間がないまま、空間図形の扱いは中3の2月頃まで、長期間にわたって時間があいてしまいます。
そして『三平方の定理の応用』として、空間図形の計量の問題が入ってくるのですが、中1で習っているはずの基礎部分を忘れてしまっているために、十分な理解が出来ない状態で高校入試に突入。
その上、北海道の公立入試では、『空間図形』の出題については例年やたら設定が凝っていたり計算が面倒だったりとしているため、正答率が非常に低い状況です。

では、空間図形の問題を入試に間に合わせるためにはどうすべきか。
『三平方の定理』に入る前の時点で中1レベルの内容をしっかりと確認し、穴を埋めておくということがまず優先されるべきということになります。

というわけで、今回の講座では、見取り図・展開図の扱い方から、空間図形の切断までを系統的に学び直していきます



この夏、シグマゼミが集中講座として開講する講座は、中学・高校ともに6講座ずつ。
中学は数学・英語・理科から分野をピックアップし、裁量問題にも対応できるだけの学力基盤を早い段階から段階を踏んでしっかりと作り上げます。

夏期集中講座『平面図形・空間図形』のテキストは、現在鋭意作成中です。
サンプルはこちらです。
受講のご相談は792-0490まで。

2011年7月7日木曜日

夏期集中講座 『方程式の立式』

ちょっとずつですが、夏期集中講座用のテキスト作りが進んでいます。
今日は中学2・3年生対象の講座『方程式の立式』を紹介いたします。

中学生に数学でキライな分野を聞くと、だいたいの場合『方程式の文章題』『関数の応用問題』『図形の証明』というのがお決まりです。
で、今回の夏の集中講座では、そのうちの2つ、『方程式の文章題』と『関数』について、「とっとと苦手意識を潰して、得意分野に変えてしまおう」というわけです。

『方程式の文章題』は北海道の公立入試では例年2題が出題されており、60点のうちの8点を占めます
入試問題ですから、当然、まぁそれなりの難易度になっていて、「文章題は全く歯がたたない」という生徒も少なくないわけですが、でも、問題をきちんと読める人間にとっては、北海道ではそれほどヒネクレた難問は出題されていません(北海道の問題で例年やっかいなのは、むしろ空間図形の方ですね。)

ではなぜ取れないのか。
答えは単純、<文章をきちんと読み取れていないから>、そして、<文章を式にするという作業を練習していないから>です。

英語長文のところでも似たようなことを書きましたが、文章題と計算問題との決定的な違いは「何を計算したらよいのか」がパッと見には出ていないということにあります。
文章を読み→内容を理解し→それを正確に式に起こす と、これだけのステップを踏まなければ、計算にすら入れないわけです。
ところが、ほとんどの場合、問題集の解答には<式に立てるところ>からしか書かれていません。
間違いの大半はその式を立てるところ以前でミスっているのに。

というわけで、今回の講座ではものすごく基本的な部分に見える「数量関係を等式に表すための下準備」にこだわって話を進めていきます。
そのためにはまず「与えられた情報を正確に読み取り」、そして「読み取った情報を整理し」、最後に「どの部分で式を作るか」というステップを順を踏んで行い、自分の手で慣れていくことが重要です。
4日間の講習で「1次方程式も連立方程式も何が出ても怖くない!」と言い切れるだけの解説を用意したいと思います。


この夏、シグマゼミが集中講座として開講する講座は、中学・高校ともに6講座ずつ。
中学は数学・英語・理科から分野をピックアップし、裁量問題にも対応できるだけの学力基盤を早い段階から段階を踏んでしっかりと作り上げます。

夏期集中講座『方程式の立式』テキストはこちらです。
受講のご相談は792-0490まで。

2011年7月1日金曜日

夏期集中講座 『長文読解』

引き続き夏期講習の集中講座のテキストを作成中です。
今日は中学3年生対象の講座『長文読解』を紹介いたします。

以前にも書いていますが、今の中学校では定期試験以外の試験というのがほとんどありません。
生徒にとってはありがたい事のようですが、それは「問題に慣れる機会が失われている」ということもできるわけです。
さて、普通、教科を分類するとき、「国英数と社理」というような分け方や「国英社と数理」というくくりで分けることが多いのですが、全科目を指導する立場で見たとき、「国語・英語と数学・社会・理科」では決定的に違う面があります。
それは、<国・英の2教科は試験問題では完全に未知の文章が出題される>ということです。
数学・理科・社会という科目は主に知識を問う問題ですから、出題の形式や表現が違っていたとしても、内容的にはそれほど変わるものではありません。
ところが国語・英語の2教科は、入試となると見たこともない長文が出されるのが普通です。
つまり、未知の文章をその場で正確に読み解いていかなければ問題の答えが出せない、解く前に「正確に読む」という作業がまず要求されるのです。

これは、定期試験の勉強しかしていない生徒にはかなりの壁になります。
なぜなら、定期試験では教科書通りの習ったから文章しか出題されませんから。
つまり、定期試験では事前に出題内容がわかっているから、ある程度の復習をして内容を覚えてさえいれば記憶を頼りに解答することができます。
極端な話、定期試験の国語・英語は「授業でやったことをちゃんと覚えているか?」が問われるわけで、「ちゃんと読めているかどうか?」はあまり関係ないと言えます。

ところが、見たことのない文章になるとそうはいかない。
だから定期試験ではいい点が取れても、模試となると「初めて読む文章なのに、そんなの答えられるわけないじゃん」という生徒が非常に多いんですね。
「いや、そうじゃない、きちんと読めるだけ力が付いてりゃ読めるんだ。読めないのはその練習をしたことがないから。」
というわけで、英語の集中講座では「きちんと読む」ということにこだわって「未知の文章を正確に読み取り設問に答えられる力をつける」という練習を徹底して行います。

穴埋め問題や整序問題の繰り返しだけではなかなか身につかない長文読解力。
しかし、繰り返しになりますが、入試演習に入った段階で本当に必要になる力は、<問題をきちんと読み解ける力>の方です。



この夏、シグマゼミが集中講座として開講する講座は、中学・高校ともに6講座ずつ。
中学は数学・英語・理科から分野をピックアップし、裁量問題にも対応できるだけの学力基盤を早い段階から段階を踏んでしっかりと作り上げます。

受講のご相談は792-0490まで。

記事の検索ができます