2012年5月24日木曜日

教科書改訂によるちっちゃな影響

年度から、中学校および高校1年生の教科書が全面的に改定になりました
数学や理科での履修内容の大幅な入れ替えや、高校理科の3科目必修化、中学社会での地理分野の大幅な増強など、大きな変更点は話題に上ることも多く、教育系のニュースに敏感な方であればご存じの方もいらっしゃるかと思います。
で、分野丸ごとの配置替えであればニュースにもなり「この学年でこれを教えるのね」と教える方もわかりやすいんですが、用語や扱い方の微妙な変更となると教科書をしっかり読み込まなければなかなか気付かなかったりします。

例えば、体積や容積を表す「リットル」という単位。
今までは筆記体っぽい「」 を用いてましたが、これが廃止され大文字の「L」で表すことに統一されました。
牛乳パックなら「1000mL」と書くわけですね。

また、速さの単位として「時速:1時間あたりの走行距離」というのがありますが、これもまた今までは「時速60km」を「60km/時」と書いていたりしたんですが、「60km/h」と表記するよう扱いが統一されました。
同様に「秒速3m」も「3m/秒」 と書いていたんですが、「3m/s」と書けと。
※ちなみに「分速150m」は「150m/min」なんですが、「紛らわしいから」という理由で中学では扱わないんだとか。

これ、全て「国際単位系(SI)に揃える」という方針からできたもので、力の単位[g重]を廃止して[N(ニュートン)]に統一したり、気圧の単位[mmHg]を廃止して[hPa(ヘクト パスカル)]に統一したりするという動きと同じ流れです。

ただ、個人的に正直な感想を言えば、「何でもかんでも国際標準に合わせりゃいいってもんじゃぁないだろう」と。
力の単位[N]なんかは顕著だと思うんですが、中学生のような物理初学者にとって、力を[N]を用いて表すことにどれだけの教育効果があるんでしょうね?
だって、[N]の定義って、「質量1kgの物体に1m/s2の加速度を生じさせる力の大きさ」ですよ?
「1m/s2の加速度」ってのを理解していない段階で[N]を単位として与えることより、「質量1kgの物体にかかる重力と同じ大きさの力」としての[kg重]の方が正確なイメージがわきませんかね?
国際標準への対応は基本的な知識とイメージがちゃんと付いてからでいいでしょうに。
同様に、「"時間"を英語でhourで表す」という英語の知識があやふやな中学生に[60km/h]と書いたところで、「時速→km/h 秒速→m/s」みたいに念仏のように覚えるのがオチじゃないのかなと。で、「m/hって時速?秒速?」みたいな余計な質問が出るんですよ、きっと。


<科学的な思考力を身につけさせて、国際競争で負けないだけの人材を作りたい>という大目標は分かるんですが、だからって、初学者に対して、あえてわかりにくい表現で単位を教えることに意味があるとはどうにも思えないんですよね。
まずは概略でいいからしっかりと理解すること、それができた上で細かな話を肉付けしていけばいいと思うんですけど、、、

まさか中学段階で「原子はさらに原子核と電子に分かれ、原子核は陽子と中性子とからなり、これまた素粒子が・・・」なんてやるわけでもなかろうに、なんで単位系だけこんなこだわってるんでしょうね?
「見た目と形だけにこだわってても、中身が伴ってなかったら意味ないのにねぇ~」って思うのは、お役所仕事全般に対する印象と一致していたりします。


※その他、教科書編集の際のいろいろな編集意図についてはこちらのページが面白いです。
→啓林館 http://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/j-scie/q_a/index.html

~~~~~~

お陰様で生徒数もだいぶ増え、絶えず指導に追われるようになって来ました。
指導の質を維持することを考えると、中高生各10名ほどが1人で見る限界かと思います。
あと5名ほど(?)で塾生の募集を一旦停止しようと考えておりますので、ご入会を検討いただいている方はお早めに792-0490もしくは sigmaseminar@gmail.com までご相談下さい。

学び取るプロに

ここのところ、高校生の指導をしている最中、語気が荒くなることが増えてきました。
理由は単純。何度同じ事を指示しても一向に身についていないからです。

で、何を指示しているかといえば、
・学んだことは"ちゃんと"記録に残せ
・やったことは必ず見返して、1か月後に見て思い出せるように整理しとけ
・わからないものがあったら、まずは自分でまとめたのを見返せ

とまぁ、文字で書くとたったこれだけ。
でもこれだけのことができていないから、いつまでたっても同じ所を忘れ、また改めて説明することになり、先に進めないんですよね。。。

先日も、とある生徒に、つい2週間前に1から教えたはずのことを「全く覚えがない」とまで言われ、再び1から説明しなおしましたが、、、
半年も付き合いがあると「毎度毎度同じ事を言われているのにまだ懲りてないの?なんで書き残してないの?」という小言もセットにせざるを得ません。
ちなみに書いて説明しだしたら「あぁ、聞いた覚えある。。。」と言ってましたが、そりゃぁそうです。
聞かれる度にほぼ同内容のことを同じようにして言っているわけですし、さきに説明したその時には「あぁなるほど!」って言って自分で類題まで解いているわけですから。
それでもたった1・2週間しただけで自分で解いたことすら覚えていないとしたら、それは最初の受け取り方か記憶の残し方に失敗があったということです。

大体の場合、問題が解けない場合の生徒の行動はといえば、
  1. 問題を見ても解法が思いつかないから教科書や参考書を開いてみる。
  2. それだけでわかるわけもなく(参考書を見てわかる程度ならそろそも質問もしない)、私に「それ、前に教えただろ。ノート開いてみ。書いてっから。」と言われ、ようやくノートを開いてみる。
  3. ノート開いてみてもその問題がどこにあるのかすらわからず、「やってません、ありません」とか言っている。
  4. 私がパラパラめくると同種の問題がちゃんと解かれていて、場合によってはマーカーで囲いまでしている。それなのに「あれ?こんなのやったっけ?」とかいう状態。
大半の場合は学校で一度は解説されているはずなんですが、それでも分からないから私に聞いたわけで、私が教えたことは少なくとも教科書・参考書に書いてある内容、そして学校の説明よりもわかりやすく詳しく(もしくは別角度からの説明に)なっているはずなんですよね。
だから、その時点で「あぁわかった!」のプロセスを多少なりとも書き残すなりしていれば、次の時には見ただけで思い出すことも増えるでしょうに、ノートにはそれらを書き残さないで解答だけを残していることが大半。
だからノートが参考書の劣化版にしかなっておらず全く役に立っていない。
10分かけて説明しても、私から見たら半分程度しか残っていなかったり、重要な部分が削ぎ落とされていたり。
こんな勉強の仕方ではザルに水を流しているようなもの。
どれだけ時間をかけたところで先になんて進めません。


私は高校や中学や塾で教える仕事をしてきて、最初の3年くらいは「とにかくわかりやすく教えること」に注力していました。
実際、今でもそうですが、どの科目のほとんどの問題についても「あぁなるほど」と言わせられるだけの十分な解説や例示をその場で加えられていると思います。
ただ、いろいろな生徒に教えていてまもなくして思ったのは、与える側がどれだけ真剣に説明を練りこんでいたとしても、受け取る側がサラッと聞き流す程度で居たら「わかった」は一過性のものにしかならないということ。
説明がわかりやすいっていうのは教える側にある程度の経験があればアタリマエのことであって、大切なのは、受け取る側をどれだけ本気にさせるかなのかなと。
その意味で<生徒自身の学び取る技術>を育てること無しでは、生徒が成長することは望めません。

もし「わからなかったらまた聞けばいい」くらいの感覚で勉強しているのであれば、その生徒はどれだけ良質な説明を3度聞いても5度聞いても身に付けることはないでしょう。
そうではなく、「この1回できっちり理解してけりをつける」くらいのつもりで授業に望んでくれるよう、学び取り方に対してもチェックを入れ、「その勉強の仕方じゃぁいつまでたっても先に進めんよ」としっかり言ってあげる事も必要だと思っています。

当然ですが、中学生に指導するときよりも高校生相手の方が要求レベルは上がります。
でも、「最も基本的なことできていない」ということに気付きさえしないまま先へ進んでも、 結果なんて目に見えているわけで、、、どっかでガツンと痛い目にあってでも「このままではダメなんだ」と悟り、学び取るプロになってもらわないとダメだと思っています。
私は教える側のプロですが、生徒にも、親からお金を払ってもらって学びに来ている以上は学び取る側のプロ意識を持ってもらいたいなと。


と、いうわけで、

・学んだことは"ちゃんと"記録に残せ
・やったことは必ず見返して、1か月後に見て思い出せるように整理しとけ
・わからないものがあったら、まずは自分でまとめたのを見返せ 

学校でも、くだらない黒板丸写しのノート点検とかしてないで、ノートの使い方と意義をしっかりと指導してくれないかな。。。

~~~~~~

お陰様で生徒数もだいぶ増え、絶えず指導に追われるようになって来ました。
指導の質を維持することを考えると、中高生各10名ほどが1人で見る限界かと思います。
人数が集まり次第、塾生の募集を一旦停止しようと考えておりますので、ご入会を検討いただいている方はお早めに792-0490もしくは sigmaseminar@gmail.com までご相談下さい。

2012年5月19日土曜日

@will オススメ講座 『スタンダード英文精読』

シグマゼミの高校生への指導は、数学に関しては八反田が直接指導をしていますが、それ以外の科目については佐鳴予備校の動画教材『@will』を中心にして勉強してもらっています。
今回紹介するのは英語の長文読解への足がかりとして最適な講座スタンダード英文精読です。

英語の講座としては、長文読解の指針を身につける講座として英語長文読解へのアプローチ』を紹介していますが、今回の『スタンダード英文精読』はさらに一歩手前の「1つ1つの英文の構造をしっかり読み取る」ということに絞って練習を重ねていく講座になっています。

先日紹介した古文の講座『導入から学べる古文』もそうでしたが、長文を読もうとすると、その前にまずは短文をしっかり丁寧に正確に読めるようにすることが大切です。
古文の場合は品詞の判断やら助動詞の訳出なんかが問題になるわけですが、英語の場合は「単語のカタマリ(句や節と呼ばれるもの)を正確に読み取れるかどうか」が重要になります。

例えば、 That she said that she loved me was a lie! なんて文章を見たとき。
中学生的には「she→彼女 said→言った loved→愛する」のようにして1語に対して1つの訳を置いていけば何となく日本語訳が出来るので、それを訳にしちゃう生徒が多いでしょうね。
ですが、これを単語の繋ぎ変えや勘で読むのではなく、「正確に、文構造に注意して」となると、ほとんどの高校生ができるかどうか怪しい感じです。
つまり、「thatはSVのカタマリを作って名詞として作用する」 とか「sayは他動詞だから後ろに目的語がくる」とかいう知識はあっても、それをきっちり長文読解で使えているかとなると、なかなか運用できている生徒はいないわけです。
[That she said (that she loved me) ] was a lie! のようにして文をカタマリ毎に区切って要素を正確に取れるかどうかが、<前から順番に英語を読めるようになるための最大のポイント>なんですが、そこを系統的に徹底して練習するという機会がなかなか得られないため、どうしても勘にたよって、「訳出したつもり、自分では上手く訳せているつもり」になってしまうんですね。
しかし、高校~大学入試レベルの長文となると、構造が複雑になるから、テキトーに単語を並べただけでは正確な訳は作ることができなくなり、で、少なくとも八反田は学生時代にそれで大失敗をしている、、、と。

そんなわけで、自分の反省もあって、中高生には、とにかく文構造をしっかり読み取る癖をつけて欲しいと思って読解の指導をしています
そこで使えるのがこのスタンダード英文精読でして。
この講座、とにかく語順や語法にこだわりながら、文構造の解析を徹底して行なっていきます。
文に登場する単語や文法はさほど難しくないものになっているため、高1生でも文構造の解析だけに注力することができ、順々に進めていくことでカタマリを見抜く目が確実に育っていくというところが何よりもオススメ。
ここ、講座の設定として、ものすごく重要だと思います。
文構造なんていうと入試レベルの難しい文章を引き合いに出すものと思いがちですからね。
簡単な文でしっかり練習しておいて、ちょっとずつ技術が備わってきたら、ソコからは長文で問題演習。
このステップの積み重ねで、少しずつですが、でも確実に長文を正確に読む力が備わります。

講座内容は『動詞・名詞編』『副詞編』『形容詞』 の3部構成になっています。
講義回数はさほど多いわけではありませんが、高校1~2年生が半年くらいかけて少しずつ進めていくといいかと思います。

~~~~~~~~~

講座名:『スタンダード英文精読 動詞・名詞編/副詞編/形容詞編』   講師:吉田 剛 全43+34+32回
  英語を英語として読むために→動詞の使い方と品詞の区別→名詞のカタマリ→・・・

~~~~~~

ネットで検索すると、@willを利用できる学習塾はいろいろ出てきますが、講座内容までしっかり紹介してるサイトって他に見当たらないようで。。。
他の科目についても、一通り内容を確認した上でご紹介しますので、気になる方はぜひお問い合わせ下さい。
また、@willの各講座はシグマゼミで無料体験が可能です。
792-0490もしくは sigmaseminar@gmail.com までご連絡を。

2012年5月11日金曜日

@will オススメ講座 『スタンダード化学』

前回「まとめて紹介」とか言っときながらだいぶ間があきました。
いや、原稿は作っていたんですが、他の作業をしており。。。(言い訳)

さて、今回ご紹介するのは化学の講座スタンダード化学です。
今までここで紹介していた講座は英語・国語など文系科目ばかりだったので、今回は「理系講座にもイイのが入っていますよ」とお伝え出来れば。


高校化学、「化学反応式とか構造式とか、<覚えるもの>がとにかく多すぎて、手に負えない!」という方は多いはず。
とにかくひたすら反応式や物質の特性を書き並べて「うわ、コレ全部暗記すんの?」なんてことを自分も高校時代には思っていたものです。

でも、"覚える"前に、"きちんと仕組みが分かること"が化学の学習ではとても大切なんですよね。
『思考の順番や仕組みをきちんと理解できると<覚えなければならないこと>は格段に減らせる』、というのは私が数学の指導で常々言っていることですが、この講座は、まさにそれを化学の領域で行なっていると言えます。

ところで、@willの講座で"スタンダード○○"と呼ばれる講座は、 「基礎部分を一通り学ぶ"ベイシック○○"の講座を終了した後から受講する」ということを前提に作られています。
しかし、実際にこの『スタンダード化学』の授業を受講してみると、基礎知識の部分から丁寧に解説をしなおすという形で授業が進みます。
つまり、今現在知っていることや身に付いている解き方はあったとしても、より高度な入試に対応できる柔軟な考え方を身につけるためには知識の整理を系統的にしなおす必要があり、その焼き直しを徹底して行おうというのがこの講座の目的と言えます。

私自身、高校時代の知識の焼き直しということでこの講座で理論化学を1から勉強しなおしていますが、「ここからこの内容に繋がるのか」とか「見方を変えればこれだけの事だったのか」とかいうことが結構出てきます。
理系文系によらず、受験で化学を利用する方には一度受講していただきたい講座です。


~~~~~~~~~

講座名:『スタンダード化学 理論化学/無機化学/有機化学 』   講師:藤田東幸  全61+34+52回
物質の基礎→気体→(溶液)→(平衡)→中和反応→酸化還元反応→・・・
※化学Iと化学IIの内容が混ざっているため、「センターのみ利用」「看護学校受験」という方には内容を選択して提供しております

~~~~~~

@willの各講座はシグマゼミで無料体験が可能です。
各講座の詳細なども差し上げられますので、ぜひ792-0490もしくは sigmaseminar@gmail.com までご相談を。

記事の検索ができます